柚木沙弥郎氏デザイン小巾布が入荷いたしました

型染め染色家の芹沢銈介に師事し、自由な発想とモダンで斬新なデザインで染色の道を歩んで来られた柚木沙弥郎氏。

多くの人を魅了する柚木氏デザインの小巾布が入荷いたしました。

 


琉球ガラスが入荷いたしました

沖縄より再生ガラスで制作されたグラスや花瓶などが入荷いたしました。

戦後、駐留米軍が使用したガラス瓶を利用し再生させた琉球ガラスは、沖縄の伝統工芸のひとつとして広く親しまれています。


河井達之 200の小壷とうつわ展

2020年3月20日㈮㈷〜4月5日㈰ 11時〜19時

河井達之さんの使いやすく温もりあるうつわと表情豊かな小壷200個の展示会です。

この機会に是非お越しくださいませ。

河井さんは土曜・日曜に会場に来られます。

略歴

1974年河井久氏の次男として京都に生まれる。

鳥取県岩井窯などで修行の後、2003年より

滋賀県猿子田窯にて自らの作品を制作する。

 


山内武士さんの暖簾が入荷しました2020年1月

人間国宝の芹沢銈介氏に師事し、型染を学ばれた山内武士さん。80歳を超えられた今も伝統的な技法を守り続けられています。色鮮やかでモダンなデザイン、どこか温かみのある暖簾が入荷いたしました。


石飛勲作陶展

2019年11月30日㈯〜12月15日㈰ 午前11時〜午後7時

使い易く親しみやすい暮らしに寄り添う器の数々。

石飛勲さんの7年ぶりの展示会です。

ぜひこの機会にお越し下さいませ。

※作者は、11月30日、12月1日会場に居られます。


愛媛・砥部焼の花瓶が入荷しました



沖縄のぐい呑が再入荷しました!

前回の展示会で大変ご好評をいただきました沖縄のぐい呑が再入荷しました。

ひとつひとつ丁寧に絵付をされ、それぞれの表情を楽しめます。




小川裕惠・下村透藍染展

2019年7月10日㈬〜7月15日㈷ 午前11時〜午後7時

皆さま こんにちは

今年は藍染の二人展をさせていただく事になりました。

下村透さんは藍染一筋のベテランです。下村さんは京都大原で私は市原で共に徳島の新居(にい)さんの蒅(すくも)を使って灰汁発酵建てで染めています。着るもの、住まいに使うものと藍染の色々をごらんいただきたくぜひのご来廊をお待ちしています。

小川裕惠

※小川は展示期間中在廊予定です。


島根県・出西窯のマグカップが入荷しました 2019年6月

昭和22年の開窯後、民芸運動家の河井寛次郎、柳宗悦、バーナード・リーチ、濱田庄司氏から指導を受け、日用品として使い勝手のよい器を作られている出西窯より今回はアメ釉のマグカップが入荷しました。



柚木沙弥郎氏の小巾布が入荷しました 2019年5月

芹沢銈介氏に師事し、型から染めまでの染色技法を学ばれた柚木沙弥郎氏。

今回はデザイン違いの小巾布が入荷しました。

サイズは幅45cm×長さ2m。タペストリーやテーブルランナーとしてインテリアのアクセントに。

ほのぼのとした柚木沙弥郎氏の世界を身近にお楽しみください。



阿部眞士さんの作品が入荷しました 2019年5月

爽やかな白磁や彩り豊かな色絵など多様な器が入荷しました。

2階にて展示しております。お気軽にどうぞ。



沖縄のガラスが入荷しました 2019.4月

廃瓶などを利用し再生ガラスにこだわって制作されている琉球ガラスは、あたたかみのある質感とどこかレトロで懐かしい感じもする素朴な味わいがあります。

宙吹きの技法で職人によりひとつずつ製作されました。

いろいろな表情のグラスが揃いました。柔らかなフォルムが可愛らしいふたものもあります。


涼し気な冷酒器も入荷しました。

きらきらと光を放つ存在感のあるモールグラスです。



柚木沙弥郎氏の小巾布が入荷しました 2019.4月

芹沢銈介氏に師事し、型から染めまでの染色技法を学ばれた柚木沙弥郎氏のシルクスクリーンの小巾布が入荷しました。


サイズ幅45cm×長さ2m。長さを生かしてタペストリーやテーブルランナーとしてお使いいただけます。


沖縄のやきもの・ガラスが入荷しました

どっしりと存在感のあるお皿はお料理を引き立てます。


素朴で大胆な絵付けは飾っても楽しめます。



使いやすくシンプルな型吹きとガラス独特の柔らかさを感じさせる宙吹き、二つの技法を使いながら制作されている琉球ガラスが入荷しました。



柚木沙弥郎さんのクッションカバーが入荷しました


河井一喜作陶展

2018年12月7日㈮〜12月24日㈪ 11時〜19時 火曜定休

日々の暮らしに彩りを添え、毎日使いたくなる河井一喜さんの作品を多彩に展示いたします。

ぜひこの機会にお越しくださいませ。

 


白雲窯作陶展 村山光生・綾子

2018年11月21日㈬〜11月26日㈪ 11時〜19時 火曜定休

“直感”

柳宗悦は「直感」で見ることが大切だと説く。

肩書きもストーリーもあらゆるものを取り去ってそのものだけを直に観てそのもの自体に備わっている「美」や価値を見出そうとした。

 

皿・鉢・土鍋など大・小の食器をたくさん作り焼き上げました。

晩秋の京都 ゆっくり愉しんでください。


沖縄 読谷焼 200の酒盃展

2018年11月2日㈮〜11月25日㈰ 11時〜19時 火曜定休

魚紋・唐草紋・点打ち・イッチン・刷毛目──。

沖縄の伝統的な技法と釉薬を用い作り出された酒盃は200個すべての表情が異なります。

酒盃のほかお皿やマカイなども入荷しておりますのでこの機会に是非お越しくださいませ。

※今回は1階のテーブルにて展示いたします。


倉敷ガラス 小谷栄次吹きガラス展

2018年7月14日㈯〜7月30㈪日 11時〜19時 火曜定休

健康で、無駄がなく、真面目で、威張らないという教訓を大切にされている小谷栄次さんの吹きガラス。

手作りならではの温かみがあり暮らしに寄り添う実用的な作品をこの機会に是非ご覧ください。

◎略歴◎

1961年倉敷ガラス創立者小谷眞三氏の長男として倉敷市水島に生まれる。

2002年日本民藝館展初入選

2003年日本民藝館展奨励賞受賞

2009年倉敷民藝館賞受賞

2010年倉敷市文化連盟奨励賞受賞


山ぶどうの手提げが入荷しました

山ぶどうの手提げは使うほどに艶と色の深みが増し、愛着ある道具として使う楽しみが味わえます。

東北で作られたこの手提げはしっかりと丁寧に編まれており、作り手の技術の高さが感じ取れます。

定番のシンプルな網代編は飽きることなく、どんなシーンにも合うことでしょう。


小川裕惠 藍の染もの

2018年6月6日㈬〜6月11日㈪ 11時〜19時 火曜定休

やまと民芸店さんでの個展は15回目となります。

前回の個展から3年が経ちました。

このたびは着るもの、身につけるものを中心にのれんや間仕切りなども出品させていただきます。

ぜひのご来廊お待ちしています。

小川裕惠

 

※小川さんは展示期間中午後1時から在廊予定です。


河井達之 300の小壺展

2018年5月19日㈯〜6月3日㈰  11時〜19時 火曜定休

眺めているのも楽しいさまざまな表情の小壷。

高さ4センチほどのサイズですが、ゆったりおおらかな佇まいを感じさせます。


2018年4月 ご案内

島根県・出西窯のお皿が入荷しました。

出西窯のスタンダードウェア、縁鉄砂呉須釉皿が入荷しました。

独特の風合いを持つ渋い色味の鉄砂釉の縁と、つややかで深みのある呉須釉がお互いを引き立て合う美しいお皿です。 

 


2018年4月 ご案内

沖縄・読谷村のやきものが入荷しました。

マカイをメインに沖縄のやきものが入荷しました。

今回も直接工房を訪れ、手に取り、選りすぐったものばかりです。

 縁起が良いとされる唐草模様は沖縄らしく、また使い勝手を考えた作りは日常の器として活躍しそうです。


ー2018年3月 ご案内 ー

島根県・湯町窯のやきものが入荷しました。

島根県・湯町窯の福間琇士さんと庸介さん親子が作られた作品が入荷しました。

鉢、皿、コーヒーカップ、ピッチャー、またバーナード・リーチより手ほどきを受けた黃釉を用いた

黃と黒のスリップウエアーの数々を展示いたします。

この機会に是非お越し下さいませ。

※今回は1階にて展示いたします。